« 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』 ~弓矢強力~ | トップページ | About what do you think? »

ネモトラボルタ。

川崎駅の近くのTSUTAYAさんでアジカン以降の若手J−ROCKの棚があって、そこで面陳になっているものを今年に入ってからいくつか聴いてみました。こっちのラジオではこの辺のアンダーなJ−ROCKを耳にする機会が少ないので、新しい音楽には意識的に手を伸ばすようにしています。ま、ロックに限ってのことではないですが。とはいっても、手を伸ばすのは面で並んでいるものだけなのでやっぱりそこそこ有名どころになっちゃうのよね。BaseBallBearとかflumpoolとかmonobrightとか。でも、案外僕ががっつり音楽聴いてた頃の人もちゃんと残ってるのが嬉しいところ。キャプテンストライダム、ドーピング・パンダ、フジファブリック。こうやって改めて見てみると全然アジカン以降って縛りじゃないんだよね。ま、その辺は棚構成の問題上仕方ないのかな、とも思いつつ。

実家に行ったときに2000年代前半の曲を集めたMDを久しぶりに聴いていたんですが、この辺りの曲って意外と今注目されている若手の曲と全然遜色ないものが多いです。この前もけんちゃんと喋ってたんですが、スムルースとかCOOL DRIVEとかSound Scheduleあたりの曲って、今の流行と並べて聴いてもいい感じに聴けちゃうんですよね。まぁ、NEMOさんたちとサウスケだとちょっとキャリアが違うんでやっぱりCOOL DRIVEは上手いなと思ってしまいますが。Makers時代のソウル、ファンクっぽさが好きだったんですけど、改名からのポップ路線もPOP好きとしては嫌いじゃないです。ちょっと売れセンに行ってしまった感はありますが、ファーストアルバムは素敵な仕上がり。今でもよく聴きます。

COOL DRIVEは2005年に活動休止しちゃうんですけど、NEMOさんが去年から新たに活動を開始してます。その名も「ネモトラボルタ」。久しぶりにHPを見たら、なんとびっくり。元19の岩瀬敬吾さんと対談しちゃってるじゃないですか。しかも、一緒に東名阪のツアーやってるし。サイトはこちら。

ROOM SERVICE SP『岩瀬敬吾×ネモトラボルタ−スペシャル対談』(2009.5.7)

なんとびっくり。両者ともに久しぶりにお姿拝見。

COOL DRIVEは結局『NEW DAY』が一番好きだったりします。改名後初めてのシングルなのにあの閉塞感漂う歌詞はゼロ年代前半を如実に表しているような気がします。

|

« 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』 ~弓矢強力~ | トップページ | About what do you think? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

It's well known that cash makes us independent. But how to act when someone has no money? The one way is to get the personal loans and just short term loan.

投稿: BerryNora | 2012年7月 8日 (日) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネモトラボルタ。:

« 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』 ~弓矢強力~ | トップページ | About what do you think? »