« 『いじめの構造』 ~現代ニッポンのフレームとスキーム~ | トップページ | 少々のグチを。 »

自分へのゴホウビ。

なんだか恐ろしくボーナス下がりそうな気配がぷんぷん漂ってたりちょっと無駄遣いが過ぎたりしてちょっと節約しないとなぁと思ってたんですが、やっぱりせっかくボーナス出るので自分へのご褒美が欲しくなって買っちゃいました。これはガマンできません。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 九十九の言葉
出演:鈴木敏夫
販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

絵のないDVD
― 見えないからこそ届く言葉がある。
≪ジブリがいっぱいCOLLECTIONスペシャル≫
『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 九十九の言葉』

「みんな自分のことばかり考えていますよね。
人のことを考えないと
自分のことなんて解決できないのにね。」
鈴木敏夫

スタジオジブリ・プロデューサーの人気ラジオ番組の音源を再編集し、「DVD」にまとめた究極の1枚。
メ ガヒット作品を生み出し続ける、日本映画界屈指のプロデューサーの一人、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがメインパーソナリティとして贈る「鈴木 敏夫のジブリ汗まみれ」。TOKYO FMをキーステーションに、JFN系列全国38局ネットで2007年10月から放送されているラジオ番組です。鈴木プロデューサーの隠れ家であり、室内の 壁面がレンガで造られている通称、「れんが屋」で主な収録を行うという、従来のラジオ番組とは一線を画した手法で制作され、毎回迎える豪華ゲストの本音 を、独特の“鈴木節”に巻き込みながら聞き出しています。

Amazon.co.jp 『「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」 内容紹介』より (2009.6.14)

見た瞬間に買おうと思いました。ビジネス人としては大前研一とか稲盛和夫とか船井幸雄とか、最近だと神田昌典とか勝間和代とか、ある種思想のような価値基準となるような象徴的な存在がたくさんいらっしゃいます。で、僕にとっては鈴木敏夫さんなんですよね。ビジネス人としてなんて言うとちょっと窮屈な感じですが、社会人としてこの方の視点とか作業とか仕草とか喋り方とかすごく好きです。一緒に仕事するとゼッタイに厳しい人なんだろうなぁとおもいますが、一度でもいいので一緒にお仕事してみたいと思う方のひとりです。ま、本当ならうちからぜひ本を出してほしいと言いたいんですが、これは非常に難しいだろうなぁ、と。

このDVDはTFMのラジオ番組をDVDにまとめた1枚で、画面は動画ではなく静止画しか出てきません。音声だけなので収録時間が恐ろしく長いです。なんと、2438分。つまり、40時間38分もあるわけです。ぶっ通しで聴くと、2日近くあります。Ipodで聴こうと思ってもDVDなんで転送するのにファイル変換をしなくちゃいけなくてとっても面倒なので、いつもテレビをぼんやり眺めてる時間をこっちに使っています。全部聴くの、何日かかるんだろう。。。

でも、ひとつひとつにものすごく重かったり、妙に納得できてしまったりとした絶妙な言葉が散りばめられているんですよね。

|

« 『いじめの構造』 ~現代ニッポンのフレームとスキーム~ | トップページ | 少々のグチを。 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

くまさんさん

はじめまして。突然のメッセージ失礼します。
私、神奈川にある大学に通う大学4年生です。

私自身、『汗まみれ』のリスナーで
このDVDも買いました。とっても
聴き応えのある作品ですよね。

上記の感想を読んで、自分と似た立ち位置で
番組を楽しんでいらっしゃるのかな、と思いました。

というのも、私もジブリというよりは鈴木さんという人物に
興味を持ったことが、この番組を聴くきっかけだったものですから(この番組を聴くまで、ジブリ作品はほとんど観たことがありませんでした)。

ところで唐突なお願いで恐縮なのですが、
実は大学の卒業制作で、この『汗まみれ』のリスナーの方々への
インタビュー集をつくろうと思っており、現在リスナーの方を
探しているところです。

また、ジブリファンだけでなく、むしろ、元々ジブリファンではなかった
けという人(鈴木さん好き、ラジオ好きなど)の声を多く集めたいと
考えています。

もし、このプロジェクトに少しでも興味を持っていただけたら、
ぜひ上記のアドレスまでご一報いただけたらと思います。
改めて詳細について、説明させていただきます。

よろしくお願いします。

投稿: asemamire | 2013年6月 8日 (土) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分へのゴホウビ。:

« 『いじめの構造』 ~現代ニッポンのフレームとスキーム~ | トップページ | 少々のグチを。 »