« 困ったなぁ。 | トップページ | 食べるに食べられない。 »

紫陽花。

ちょっと気を抜くと随分期間が空いてしまいましたね。ただ、このくらいの更新頻度がもしかしたらちょうどいいのかもしれません。と、自分のなまくらな部分をごまかしてみたり。ワールド杯を見たりしつつ、先週末久しぶりにゲームを買ったりしてしまって、Twitterでお茶を濁しているなぁ。そんなことやってたら見事に体調崩してるし。

なんて、毎度のことを考えている間に、外では紫陽花が花開き始めました。どうでもいいことですが、実は紫陽花の花がとても好きです。手鞠サイズくらいの花が梅雨入り頃にいつの間にか咲いていて、夏前には知らない間に消えていく。結構長い間私たちの目を楽しませてくれるにもかかわらず、桜のように枯れて散っていく姿を惜しまれることもない。やっぱり日本人は一瞬のきらめきのようなものに美しさを感じるからでしょうか。それとも、単に咲く時期が梅雨で陰鬱な気分になってしまうので、早く過ぎ去って夏になってほしいと思っているからでしょうか。もしそうであれば、なんだかとても不運な花のように思えてなりません。

この季節になると決まって語られることですが、紫陽花は2つの対極的な花言葉を持っています。ひとつは、花の色から由来する「移り気」や「浮気」の類。紫陽花は土のPH濃度を変えることによって、次年に咲く花の色をコントロールすることができます。たしか、白いものはもともと種類が違ったはずですが、ピンクと青の種類は人為的にどちらかへ変えることができるのです。そういった性質からこのような言葉が当てはめられたようです。

もうひとつは、「辛抱強さ」といった類の言葉。こちらは紫陽花が1ヶ月ほど花を咲かし続けるところから由来する言葉です。公園の横っちょや家の鉢植えなんかでもちゃんと6月の間は目を楽しませてくれますからね。たしか、どちらかの花言葉がフランスの花言葉だったと記憶しているのですが、そこは覚えが曖昧。昔、番組で喋るときに使ったきりの知識なので。

なんだかんだで気分が滅入りっぱなしの6月ではありますが、ほんのちょっとだけ残っている空元気を使ってなんとか乗り切りたいところです。

|

« 困ったなぁ。 | トップページ | 食べるに食べられない。 »

どうでもいい日々のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花。:

« 困ったなぁ。 | トップページ | 食べるに食べられない。 »