« 2010年8月 | トップページ

サラリーマンですなぁ。

昨年の9月はインフルエンザにかかってえらいことになりましたが、今年の9月はお腹を壊してうどんと雑炊ばかりで暮らしている、なんとも言えない新たな月の立ち上がりです。

少し上司と意思の疎通ができていないときがあったのですが、最近ようやく上手い具合に意見交換できるようになって来ました。ようやくです。かといって、状況が打開されたわけではないので、そこからまたひとつずつステップをクリアしていかなきゃいけないわけなんですが。

ディズニー7つの法則』を読んだせいなのか、それとも年をとっただけなのか、チームだとかワークグループだとか、仕事上の人間関係やパワーバランスについて気になることが増えてきました。元々そんなに熱さを前面に出すタイプではなく、かといって冷静なタイプでもなく向こう見ずに行動してしまうので、前のボスには随分と迷惑をかけていたように思います。後輩への気配りとかめんどーだしやりたくねぇって思ってたんですけど、フロンティアな仕事をしているのでそろそろノウハウの共有化についても考えなくちゃいけないし。

そんなこんなで、まずはもっかい上司とちゃんと意思疎通すること方はじめないといかん、と。それがようやく実を結んできました。ううん、サラリーマン的なお話ですなぁ。

先日、ふだんからいろいろとお世話になっている人と久しぶりにゆっくりお話する機会がありました。別業種ですが営業暦20年のバリバリ営業マン。いつも情熱たっぷりで、明るく物腰丁寧に声をかけてくれる素敵なおっちゃんです。本郷の定食屋にてランチをしようと相成りまして、「営業」という職業について話を聴きました。恥ずかしながら、営業のスキルについて細切れに考えたのは入社以来あまりなかったので、「なるほど」とうなずきっぱなしの2時間。

その方いわく、コミュニケーション能力など基礎的スキルは大前提としてある上で、今営業をやるにあたって大切なことは3つあるそうです。

まず、現状を把握して、そこからいかに問題や改善点を発見できるのかということ。特に、データを俯瞰的に見て、そこから問題点を発見し改善へつなげていくのは非常に難しいことです。マクロとミクロをきちんと使い分けて、問題を発見できる人って意外と少ないそうです。

次に、その問題を改善するにあたって必要になる正確な事務処理能力。当たり前の話ですが、問題を改善しようとすると社内では他の部署の人とも話をすることになりますし、当然社外の人と協力しながら解決していくケースもたくさんあります。そんなときに、きちんとミスなく事務処理ができているかは営業として非常に大切な能力だと力説されました。単純ミスが多い僕としては、反省しっぱなしの話です。

最後に、プレゼンテーション能力。これは特にここ数年で必要性が叫ばれている力なのだそうですが、できているようでできていない人がとても多いとのこと。つまり、きちんと話せていても、話したいことが相手に全然伝わっていないケースが多いそうです。コンパクトに、丁寧にどれだけ話せているのか。自分のプレゼンを思い返すと、ちょっとげんなりしてしまいます。

こうやって書くと、3つとも当たり前に身に付けていなきゃいけない能力なのですが、あまりに自分に身についておらず結構ブルーになりました。ほんと、実際にバリバリ営業で結果出している人から、具体例を挙げられて(ここでは書けない話しばかりだが)話されるとぐうの音も出ないほど説得力がある。仕事できてねぇな、自分……。そんな気分が体中を駆け巡りましたよ。

そろそろ20代も後半へ突入します。来月には組織改編もあるしいつまで自分が今の立場なんだろうかとかそんな話も含めて改めて、自分自身をちゃんと仕切りなおさなきゃいけないと痛感する今日この頃です。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ